FC2ブログ
おはよう、こんにちは、こんばんは。

よろしくお願いします。

このブログに、決まったテーマのようなものはありません。みんなに話したいことを勝手に書くといういたって自己満なブログです。 記事はいくつかのカテゴリーに分類されておりますので、どうぞカテゴリでご検索ください。

ヴォーン・ウィリアムズの交響曲9

今日はヴォーン・ウィリアムズ(RVW)の最後のシンフォニー、第九について。

この曲を一言で表現するなら“謎”だろう。
僕も初めて聞いたときは、よくわからなかった。
別に無調でもなく、不協和音だらけというわけでもないのに、わからないのだ。
しかし、何度聴いても、飽きが来ない。
謎を解き明かすまできいてやろう!という気分になる。

そして気付いたら、この曲の虜になっていた。

そういう曲だ。

現に今僕は、おそらくこの曲を一番聴いているだろう。
もっともいろいろな演奏で聴き比べた作品となっている。

全体として、重たい感じ、暗い感じ、というのは見えてくるんだが、未だに良くわからない曲、だ。

第1楽章が、その主な“謎”の原因になっていると思う。
重々しいテーマだが、その音楽が、いちいち分断されていて、一つの“流れ”として聴くことを妨げている。
冒頭の響きも、分断具合も、ブルックナーを彷彿とさせるところがあるかも知れない。
ヴァイオリンのソロやハープの響きが、幻想的な雰囲気をかもしだしている。

第2楽章もまた、個性的な音楽。
緩徐楽章だが、重々しい葬送行進曲と、寂しげで静かな音楽が一緒になったような感じ。ちょっとエキゾチックな感じもする。
この音楽を聴くと、同じく英国のプログレバンド、The Enidの『Touch Me』というアルバムの2曲目を思い出す。
途中でてくるロマンチックな弦の旋律は美しい。

第3楽章がまた面白い。
3本のサックスが蛇のようにまとわりつくスケルツォ。演奏によってはかなりジャズィーに聴こえる。
この曲の謎めいたところは、オケに入るこのサックスのサウンドも一役買っているように思う。

第4楽章は、これもまたつかみ所の無い静かな緩徐楽章だが、マーラー9番のような、ロマンチックなものでも無く、チャイコの悲愴のような悲しみの音楽でもなく、ただただ“謎”な音楽。
フルートが、少し懐かしいような古風な対旋律を奏でる部分もあり、RVWにしか書けない、ラストシンフォニーという気がする。
最後の終わり方なんかは、非常に幻想的で美しい。
マーラーが大海原に消えて行くのだとすると、こちらは異世界のオーロラの中へ消えて行くような、そんな幻想的な感覚がする。

やはり、RVWがのこした白鳥の歌であることは間違いなく、傑作中の傑作だと思う。


この曲のおすすめの演奏は、
何と言っても、スラトキン:フィルハーモニアオーケストラの演奏が良い。
第3楽章の演奏が、まさに神がかっていて、サックスをうまく扱えている。
第4楽章の最後の処理も良い。
これが第一位!

ハンドリー:ロイヤル・リヴァプールの演奏、
アンドリュー・デイヴィス:BBCの演奏の2つは、
非常にテンポの作り方が非常に絶妙で、この点で行くと最も優れている。
しかし、サウンド作りで、スラトキンに一歩届かず、といったところ。

ハイティンクの重々しいテンポは、それも素晴らしい。
現に、今まで謎でしかなかったこの曲を、初めて良いと思えたのは、ハイティンクの演奏だった。

みんな大好きトムソンの演奏は、サウンドは重厚で良いが、テンポ設定等、あまり良くない。
この曲の謎めいた部分には言及がないように思える。

総じて良いNAXOSのバケルス:ボーンマスの演奏は、第2楽章のバスドラの重低音はたまらなくいいが、他はかなりあっさりと進むので、あまり魅力を感じない。

しかし、どれを聴いても、恐らく1回聴いただけじゃわからないだろう。
何度も聴いて、だんだんクセになってくる、スルメソングだ。

スポンサーサイト

【演奏会告知】サロン・DE・百鬼夜行

雑司が谷-2

9月22日、私の新作が初演される演奏会があります。
『サロンDE百鬼夜行』と題した演奏会で、“妖怪”をテーマに、4人の作曲家が新作を発表します。

私は昔から妖怪が好きで、それは今も変わりません。
自称・妖怪博士である私の妖怪解説付きで、お食事付き(食事はまともです、ご安心を)です。

場所は、学芸大学駅(東横線)にあるキュービックというお店。

昼と夜の2回公演で、昼が13時開場・14時開演、夜が17時開場・18時開演です。

各3,000円(昼と夜同じ内容)、食事付きです。

4人の新進気鋭の作曲家が、どんな妖怪をテーマにどんな曲を書くのか・・・。
どうぞ、お楽しみ下さい。

P_20180905_210609_vHDR_Auto.jpg

作曲家
一色萌生
服部伶香
茂木宏文
門田和峻

P_20180914_205727_vHDR_Auto.jpg

演奏家
迫田圭(ヴァイオリン)
仁科友希(ヴィオラ)
布施公祟(チェロ)

主催:雑司ヶ谷楽友会

ヴォーン・ウィリアムズの交響曲8ー少し影のある“おもちゃの交響曲”

大変日が空いてしまいました。

その間、いろいろなことがありまして・・・。

富山県の南砺市利賀村へ、去年に引き続き鈴木忠志の演劇の祭典『SCOT』に行ったり、あとは、9月22日に行う演奏会の作曲や、バレエの仕事などに追われる日々でした。
今も追われていますが・・・。


さて、ヴォーン・ウィリアムズ(RVW)の交響曲シリーズ、8番です。
海の交響曲、ロンドン交響曲、田園交響曲、南極交響曲と、標題のある交響曲が半分弱を締めるRVWの交響曲ですが、8番にはありません。
しかし、勝手に命名するならば、トイ・シンフォニー(おもちゃの交響曲)となるでしょうか。
別にL.モーツァルトのように、実際におもちゃが使われていると言うこともありませんし、ただ単純にあっけらかんと楽しい曲でもない。
大人が描く、少し“交響曲”という言葉を斜に構えたような、ちゃかしたような、それをおもちゃにしたような交響曲です。

第1楽章の冒頭、ヴィブラフォンやチェレスタなどで、神秘的なオルゴールのような音楽がなります。
少し寂しくなるような、懐かしくなるような、不気味でもある不思議なメロディ。
この雰囲気がずっと続けば良いのに、と思いきや、それは最後に帰ってくるだけで、大半はしっかりしたオーケストラの音楽で、少し残念です。
作曲者の言葉で言うと「主題を探す7つの変奏」だそうです。何となく主題っぽいものは見えてきますが、雰囲気がちがい過ぎて・・・。
途中スネアも入って、ショスタコ風に、かっこ良く発展するかと思いきや、すぐに収束してしまうあたり、わざとなのかわざとじゃないのか、聴衆を音楽に“のめりこませない”音楽だ、と思います。

いま気付きましたが、この記事ですます調になってますね。
いつもと違いますが、そのまま書きます(こういうメタ文章が、記事にのめり込ませない、というものです、RVWもまた、交響曲で同じことをしているような気がします)。

さて、第2、第3と楽章が続いて行くのですが、ここからがまた“トイ・シンフォニー”のチャッチさが現れています。
第2楽章はブラスのみ、第3楽章は弦楽器のみで演奏されます。
吹奏楽曲を多く残すRVW。そして弦楽合奏も彼の得意とするところですが、それを第2楽章、第3楽章に持って来ています。

第4楽章は、これぞあっけらかんとした終始祝祭的などんちゃん騒ぎの音楽。
そこには、なんの闇もない。
マーラーの7番の終楽章のような、躁鬱を感じさせる不健康なもの、という感じも無く、ただ底抜けに明るい。
この交響曲を書いた時、作曲者は80歳を超えていたのではないかと思うのですが、子供のような無邪気さです。

これは逆に怖いですね。

2、3楽章では打楽器は使われませんが、その分、この第4楽章は打楽器主体の音楽です。


おすすめの演奏は、バケルス指揮・ボーンマス響のものです。
一番音がいいです。

ヴォーン・ウィリアムズの交響曲7

RVWの7番目の交響曲は《南極交響曲》というもの。

これは、『南極のスコット』という映画のために作られた音楽を交響曲として編成し直したものだ。
音楽の進行の気まぐれさがいかにも映画音楽を思わせるが、一方、情景がとても浮かんでくる。
南極の厳しい自然と、凍てつく空気、氷の幻想の世界が神秘的に描かれる。

この音楽を聴いていると、やはりジョン・ウィリアムズはRVWの影響があったのだろうと思う。
スターウォーズやハリーポッターぽいところがたくさんあるからだ。
そして、《田園交響曲》の第3楽章なんかは、『フック』のサウンドトラックにとても似ている。

この曲を初めて聞いたときは、その神秘的なサウンドにびっくりしたものだ。
今までの交響曲には無かったサウンドだからだ。

この時期のRVWの作品は、全体的にキラキラしている。
金属系の打楽器がふんだんに使われ、星のきらめきなんかが表現されているようだ。
カンタータ《光の息子》や《交響曲第8番》もその一つだろう。

ただ、この《南極交響曲》には、それらにはある“明るさ”がない。
言って見れば、全編に渡ってホルストの《惑星》の海王星の最後の部分の雰囲気が漂っている。


第1楽章は、凍てつく南極の情景描写的な音楽。氷のきらめきや風の描写、ヴォカリーズが幻想的で不気味な、救いようのなさを見事に表している。
最後の方の金管のファンファーレ的な部分は、いらなかったと思う。幻想的な雰囲気がぶち壊しになる。

第2楽章は、スケルツォ的。最初こそキラキラしているが、途中から少し間抜けでおどけた音楽になる。

第3楽章はそれこそ『風景』と題されている。交響曲のなかでもっとも長い部分。
第1楽章の情景描写的な部分を拡大したようで、オルガンの響きや、打楽器、チェレスタ、ハープなどで上手く幻想的なl光景を表している。

第4楽章は第3楽章と切れ目無く続くが、前の冷たい楽章と違って、鄙びたような旋律が続く。穏やかな楽章。

第5楽章は、ショスタコみたいな楽章。第1楽章最後にも出て来たファンファーレが邪悪になったようなものから始まる。主題も、第1楽章から取られているように思う。

全体的に、旋律とかがショスタコーヴィチっぽい。
オケの音色は全く違うが・・・。


おすすめ演奏は、特にないが、最初に聴いたバケルス指揮、ボーンマス響のものが間違いないと思う。
といっても、RVWの交響曲の中ではあまり好きなほうではないので、すごく聴き込んだ、というわけではない。


近々の演奏会告知②

7月7日コンサート

告知が当日になってしまいました。
7月7日、七夕。
岩手県の優れた演奏家たちによる演奏会が、笹塚Blue-Tにて行われます。
19時からビュッフェ付きで3000円。

全体に、ふるさと岩手県を想うというコンセプトで、宮沢賢治に関する曲も多くチョイスされています。

その演奏会の中で、
僕の作品である、公演最初の《星めぐりの歌ー一色萌生編曲版》と最後の《心象スケッチーイーハトーヴに寄せて》の2曲が演奏されます。

《星めぐりの歌》は、賢治自身が作曲したメロディを僕がピアノソロに編曲したもので、七夕っぽい感じになっています。

《心象スケッチーイーハトーヴに寄せて》
は、短い序(賢治作曲の種山ヶ原の《牧歌》)と5つの曲からなる組曲です。
第1曲:イーハトーヴの夜明け①は、序の“牧歌”のメロディを受け継いで始まり、爽やかな風のような親しみやすい曲。
第2曲:おしらさまは、遠野物語の中の「おしらさま」の物語を歌った、鄙びたメロディの曲です。
第3曲:イーハトーヴの夜明け②は、『セロ弾きのゴーシュ』の後日談を歌ったもので、メロディは第1曲を3拍子にしたもの。
第4曲:カッコウのソナチネはオーボエとピアノだけの曲です。カッコーのモチーフがふんだんに使われています。
第5曲:無声慟哭は、賢治の詩を題材にしています。妹トシを亡くした賢治の悲痛な叫びを、音楽にしました。

他にも、演奏者さま3人、ソプラノの村上千秋さん、オーボエの戸田智子さん、ピアノの箭野純子さん、それぞれの思いのこもった素敵な演奏が楽しめます。
どうぞ、皆様こぞりにこぞって、おこぞりこぞさい。


プロフィール

ボリス

Author:ボリス
血液型:O型
趣味:音楽鑑賞、読書、ツーリング、心霊スポットめぐり
好きな音楽:ベートーヴェン、マーラー、シベリウス、ヴォーン・ウィリアムズ、谷山浩子、マイク・オールドフィールド など


一応作曲家です。
まだまだ先は長いですね。まるで樹海を彷徨っているようです。
ようこそ、僕の森へ。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセス数

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

樹海へ

上の各種バナーをクリックしてね!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR