• home >
  • 森の住民たち

自作ゲーム(空想)の攻略本

随分前になりますが、実家に帰省した時に、写真を撮ってきました。
昔書いた、架空のゲームの攻略本です。

主人公は、もちろん自分と弟で、いとこの住んでいる大阪に遊びに行ったときの体験を架空のゲームとして作ったものです。
その名も『くずは2丁目物語』。
RPGを想定しています。

IMG_2340.jpg
これが表紙。まあ、普通にノートの表紙に題名とやたら煽りすぎな煽り文を書いてるだけですが・・・。

この次にストーリーページが入り・・・

IMG_2334.jpg
ストーリーページの後には全マップ。
この地図はまるっきり架空と言うわけでもなくて、一応いとこの家の周辺をまねている。

次にモンスター図鑑。
IMG_2335.jpg

IMG_2336.jpg

そして、各ステージの攻略法が詳しく書かれています。
最初の地図を見るとわかるのですが、プロムナード1〜6という大きな分類があって、その中に小さないくつものステージがあるのですが、全てのステージを、1ページ1ステージで書いてある。
ので、結構な量です。

IMG_2337.jpg
ここからプロムナード1の解説。
「がけっぴち公園」は②となっていますが、①はその前のページに、自分の家(スタート地点)として載っています。

IMG_2338.jpg
これは、クリーミー坂やミルク公園が載っているので、プロムナード3かな?

IMG_2339.jpg
多分上記より前のページ、プロムナード3の先頭ページですね。

昔は、こんな感じで、架空のゲームの攻略本ばかり書いてました。
持ってないゲームの攻略本もたくさん持ってたし、ゲームが好き、というよりも、攻略本が好きだったんですね。
ゲーム、という形で自分の世界を描きたかったんだと思います。

大分昔の話なので当時どんな気持ちで書いていたかわかりませんが、
そのうち中学生とかになって、『RPGツクール』などゲームを制作するソフトが使えるようになってからは、
こういうものを、実際にゲーム化していったように思います。

ゲームをやるより、作る方が好きでした。
それを弟とかにやらせていました(弟しかやってくれる人がいなかったんですね)。

実家に帰るとこんな架空攻略本が何冊もあります。
また帰ったら、撮ってこようと思います。
ウケが良ければ(悪くても)また載せます。
全ページはさすがに載せられないのでこんな感じのハイライトになるでしょうけど。

いやあ、昔は良かった。

もっと知りたい!作曲家のブログ


スポンサーサイト

九鬼蛍氏について

九鬼蛍(くきけい)氏は、後の祭というサイトを運営している音楽評論家(あえてそう呼ばせてもらう)である。

僕がそのサイトを知ったのは、4〜5年程前に、ペンデレツキの交響曲についてネットで検索していたときだ。
そこには、ペンデレツキの難解な音楽について、実にわかりやすく丁寧に解説してあった。
しかも、学者っぽく小難しくでは無く、一般の人にわかるように、直接感情に訴えかけるように。

僕は音楽の魅力は、それを語る良い言葉によって大きく増幅すると感じている。
彼のサイトは、音楽への愛に溢れていて、それを全く知らない他人と共有し、ファンを広げていくような素晴らしいものだ。

僕も実際、このサイトにはかなり世話になった。
自分に理解できない音楽を、わかりやすく言葉で説明してくれ、好きになった音楽が山のようにあるし、
このサイトを通じて出会った音楽もたくさんある。

彼はサイトの中で、「自分は音楽の専門家では無いので、学問的なことはわからない」というようなことを言っていたように思うが、彼の文章を読むと、形式とか和声とか、そんな浅はかな知識でなく、もっと深い感覚的なところで音楽を的確に捉え、それを非常に上手く言葉にしている。
恐らく、形式の観念とか和声の観念とか、頭だけでなく、体得しているのだろう。
そういう深い見識の持ち主だ。

しかも、知識の幅が広い。
マーラーやペッテションから、日本人の近現代の作曲家まで、しかも、広く浅くでは無く、広く深い!

私は、音大の作曲科を出て、修士論文まで書いている人間だが、彼のように音楽を的確に捉えられているだろうか。
九鬼氏は、いつかあの素晴らしい文章の数々を、一冊の本にして出版したら良いのではないかと思う。
それを心待ちにしている。


そのサイトに出会って間もなく僕は、サイトに書いてあったメールアドレスに、感想を送った。
すると、丁寧にも返信を下さった。
その時に、九鬼さんの書籍があるということを教えて頂き、Amazonで購入した。
『かたよりクラシック道』というものだが、僕が期待していたような内容ではなく少しがっかりした。
サイトに書いてあるような、音楽のことではなく、もっぱら演奏、盤の話ばかりだった。
その本の内容のほとんどがマーラーのことで、ストラヴィンスキーが申し訳程度に付いていた。
文章もサイトの奔放な魅力的な文章ではなかった。
読んだのが5年くらい前のことなのであまり覚えていないが。

本はいまいちだったが、私の尊敬する人物に変わりは無い。
今後、『後の祭』のような、音楽についての本を書いてほしい。演奏についてではなく。
彼の深い見識には、頭が上がらない。
いつか彼とお酒を酌み交わし、音楽について語れる日が来たら良いなと夢に見つつ、しょっちゅう『後の祭』をのぞく。
語る、といっても、僕の弱小な知識では話にもならないかも知れないが・・・苦笑


森の住民たち4“稚児”

  稚児

長野のラーメンチェーン『テンホウ』のお皿にいる。


おしまい。


もっと知りたい!稚児のブログ

都留市のキャラクター決定しました!

つるびー
都留市・都留市観光協会のキャラクターは「安富美月(やすとみみづき)さん」の作品『つるビー』です(^0^)/
↑だそうです。
都留市役所ホームページ
「むささびは市内の色々な土地に生息し、市民にも知られていない場所をたくさん知り、自然を伝えてくれる代表としてモチーフにしました。額を山の形、鼻を水とし、市の花であるウメの花ワンポイントに、市の鳥であるウグイスから全体の色をとりました。お腹の模様は都留市をかんたんな形に表しました。」by安富

実は僕もキャラクターを出した。
友達とあわせて10点ほど!!
見事に却下かーーーい!!
そりゃあそうか、つるりーぬちゃん、いいと思ったのになあ。


つるりーぬちゃん
名前:つるりーぬちゃん
つるりーぬちゃんはニョッキ大好き、水掛菜(都留市の特産)大好き!
しましまの服は、谷村に江戸時代にブレイクした「郡内じま」をイメージ。
ペットはムササビの幽霊、ムサオ(だっけ?名前忘れた)です。

めっちゃいいじゃん!!つるりーぬ!!
郡内じまに懲りすぎたかな?



しかし、今、つるびーよりもつるりーぬちゃんよりも、
絶対採用間違い無しのキャラクターを考え付いたぞ!!





ターザン
名前:ターザン
都留市に現れる原始人をイメージしました。
この原始人は、都留市だけでなく、富士吉田市にも現れ、
コンビニやファミレスに立ち寄る。

今、老若男女問わず人気の原始人、もしくはターザン。
僕は、海賊王になるために、あいつを仲間にする。

海賊王に、俺はなる!!


人気の作曲家ブログ

プリオネのストラップ

プリオネストラップ1
友達のrRが作ってくれました。
彼女のセンスと創作魂には尊敬と共に憧憬の念すらおぼゆる。

プリオネストラップ2
仲良し、プリオネのカップルプリオネ右向きプリオネ左向き

プリオネストラップ3
もちろん家にも飾りました。
Traumのさりげないキャラクターとして羽ばたいてゆけ!
世界にプリオネ真ん中

rRとはTraumという芸術ユニットを結成しています。
次の個展でrRの美術作品と、僕のくそ音楽のコラボが実現する予定です。
rRの創作分野は絵はもちろん、このようなぬいぐるみや、服、写真、立体物、様々です。
また、文章にも彼女の独特の世界が現れているといえるでしょう。
rRのぬいぐるみ


関連記事:森の住民たち3“プリオネ”

プロフィール

ボリス

Author:ボリス
血液型:O型
趣味:音楽鑑賞、読書、ツーリング、心霊スポットめぐり
好きな音楽:ベートーヴェン、マーラー、シベリウス、ヴォーン・ウィリアムズ、谷山浩子、マイク・オールドフィールド など


一応作曲家です。
まだまだ先は長いですね。まるで樹海を彷徨っているようです。
ようこそ、僕の森へ。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセス数

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

樹海へ

上の各種バナーをクリックしてね!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR