ヴォーン・ウィリアムズの交響曲5

これまで1〜4と交響曲を順番にレビューし、これで5番目。
交響曲第5番をレビューしたい。

そして、僕のヴォーンウィリアムズ熱は交響曲だけでは冷めないようだ。
ヴォーン・ウィリアムズの(聴ける)全作品を、レビューしていきたい。
熱が続く限り。

このように、コンスタントに交響曲を書いている作曲家は、全作品を位置づけしやすい。
「この曲は第4番の頃にかかれたから、この頃の作風だな」みたいな聴き方が出来るわけだ。
先日、コレクターズエディション(30CD)を買ったのだが、それでも全曲は入っていないようで、例えば割と演奏会数が多いブラスバンドの曲《トッカータ・マルチアーレ》なども入っていなかった。
その割に《音楽へのセレナード》などは3バージョン入っていたり、歌曲も、管弦楽伴奏のものとピアノ伴奏のものが入っていたり、充実しているものは充実している。


さて、本題の交響曲第5番は、比較的日本では上演回数が多いらしい。
編成が他より小さい(2管編成)こともその一因だろうが、何より第3楽章が映画音楽のように美しい。
そして全体に、澄んだ何とも言えない美しさ、清らかさが漂う。

この曲は彼自身の歌劇《天路歴程》と非常にリンクした作品で、《天路歴程》の中には、第3楽章や第4楽章の旋律が多く出てくる。
この歌劇は、しばしばヴォーン・ウィリアムズの最高傑作と言われたりもするが、その最高傑作から染み出た一番おいしい部分だけを使ったような贅沢感がある。

そして、この作品は、彼の戦争三部作の中間にあたる。
4番、6番は非常に激しく、いかにも戦争を思わせる緊張感のある曲だが、実は4番は第2次大戦前、第6番は大戦後。
そして、この第5番は、戦時中なのだ。

一番惨劇を間近で見ている時に、最も穏やかで平和な曲を書いた。
それだけで、心に痛々しいものが走る。

戦争中に、戦争の激しさを書かなかったのだ。
これは平和への祈りなのか、音楽による救済なのか。


第1楽章は牧歌的な音楽。ソナタ形式。
始まった瞬間から、何かどこか、この世には無い美しい場所にいるような感覚。しかし、次第に激しくなってきたり、現実をところどころで見せつけられたりする。

第2楽章は、これも牧歌的で、故郷を駆け巡る風のような音楽。これは僕は極めて個性的な、RVWにしか書けない曲だと思う。

第3楽章は、これは皆さんお待ちかねの、この曲の白眉でしょう。
感情的で美しい、愛の音楽。どこか懐かしさも感じさせる。
ジブリの映画、特にもののけ姫とかにそのまま使えそうな曲。

第3楽章は、ある意味では通俗的な、大衆的な音楽だったが、
第4楽章のパッサカリアはもっと神聖な音楽で、最後は天国に召されて行くように終わる。
これ以上澄んだ清らかな音楽は、なかなか無いかも知れない。


演奏は、僕はハンドリー/ロンドンフィルのものが一番美しく感じた。
715LA8a6ILSL1114_.jpg

非常に牧歌的で録音の音も良い。
始まった瞬間に美しく感じられる。

変わり種に、クーセヴィッキーの演奏があるが、これは別のベクトルで良い!
この曲の持つ、何か霧のかかったようなぼんやりとした感じが苦手な人は、この演奏を聴くと印象ががらりと変わる。
ベートーヴェンと同じような感覚で聴けてしまう!
ただ、それがRVW的かどうか、というと、そうではないかも知れない。


スポンサーサイト

ヴォーン・ウィリアムズの交響曲4

ヴォーン・ウィリアムズ(以下RVW)の交響曲4、ということで、交響曲第4番について。

まず、これまでのRVWのイメージと言えば、牧歌的で、美しい映画音楽のよう・・・という感じだったが、
この曲が初演された当時の聴衆も、その冒頭からの激しさに度肝を抜かれたそう。

交響曲の第3番にあたる《田園交響曲》との落差たるや・・・。

僕は、“落差”というものが音楽を推進するエネルギーだと考えている。
落差が大きければ大きいほど、大きなエネルギーが生み出される。
滝の高低差と同じです。水力発電だって、高いところから水を落とした方が、エネルギーは多く生み出される。

マーラーは、交響曲第1番でそれをやった。
1〜3楽章のメルヘンチックな雰囲気から一転、第4楽章では激しくなる。

ベートーヴェンも、第5番では第4楽章で急にトロンボーンを出した。
第九では合唱まで出した。
それまでの落差を作るためにではないだろうか。

RVWは、それを一つの曲の中でではなく、作曲家としての作風の変遷として、さらに大きな時間をかけてやったといえる。
彼の交響曲第4番の激しさは、マーラーやプロコ、ショスタコや春の祭典ほどの激しさは無い。
だが、落差の幅はそれらにも勝る。

人は、相対的にエネルギーを感じるのではないか。
ずっとうるさい曲を聴いているより、静かだったものが急にうるさくなったほうがうるさく感じるだろう。
前作の交響曲が1921年で、第4番が34年なので、交響曲だけでいうと12年越しの落差の表現だ。


第1楽章は、全曲中最も暴力的。そしてかっこいい。せっかくだからもっと銅鑼とか使って派手にしても良かったのでは?と思ったりするが、それをしないところが、知的な英国紳士ならでは。

第2楽章は緩徐楽章だが、癒しの音楽ではなく、静かな中にも緊張感がある。
ショスタコの緩徐楽章のような感じだ。

第3楽章はスケルツォ。前の記事でも書いたが、バルトークの《管弦楽のための協奏曲》を先取りしたような部分が中間部にある。

第3楽章から続けて演奏される第4楽章は、少しコミカルだが暴力的な行進曲と言った感じ。ここまで来ると、何か吹っ切れたようにも思える。

彼の交響曲全9曲の中で、この曲と第8番だけが盛大に終わる。
この曲の終わり方は、最後にとどめを刺すような暴力性がある。かっこいい。


この曲のおすすめの演奏は、圧倒的に、ものすごく圧倒的に、トムソン・ロンドン交響楽団だ。
この曲の持つ“暴力性”を存分に発揮していて、これを聴いてしまうと他のものが非常に物足りなくなる。
symphony4.jpg

この演奏が圧倒的なので、他の演奏についてとくに書かないが、
ボールトの旧録音もなかなか良かった。

トムソンは、こういう重厚な響きのする曲は、非常に得意だなあ、と思う。
一方で繊細な《田園交響曲》みたいなものはあまり向いてないのかな?とも思う。


ヴォーン・ウィリアムズの交響曲3

3回目の今日は、《田園交響曲》。
交響曲第3番にあたるこの曲は、RVWの曲の中でも最も美しいだろう。
《富めるラザロの5つのヴァリアント》や《揚げひばり》、《野の花》と美しい曲は多いけれど、その頂点に来るのがこの曲だと思う。
ただ、《ミサト短調》の美しさはそれらとはまた少し違う。

最近の僕は、この《田園交響曲》と《交響曲第9番》が双璧をなすくらい好きで、もっともいろんな演奏を聴いたのもこの2曲だ。

ベートーヴェンやグラズノフの“田園”とはまた違った雰囲気だが、やはり“田園”という言葉がとてもよく合う。
牧歌的というよりは、もう少しデリケートな田園表現だ。湿度も高い。
そして少し物悲しい、というか、郷愁を感じさせる。
その点、ベートーヴェンの田園よりも日本人は共感しやすいんじゃないかと思う。

何せ、この曲の着想はRVWの第一次大戦の従軍の時だそうから、当然郷愁の念はこもっていただろう。

第1楽章は、最も情景的だと思う。そよ風に揺れる野の花、イギリス霧深い丘陵地帯の風景を思わせる。
ポリフォニックで室内楽的アプローチの多い曲で、曲想はうつろいやすく感じるが、ソナタ形式で作られていて、その点がやはりRVWのすごさだと思う。こういう印象派チックな曲調をソナタ形式に見事にはめ込んでいる。しかもそれとは感じさせないが、ソナタ形式故の安定感がある。
僕は、この交響曲中、最も第1楽章が好きだ。全曲すごいが、この曲のこのたゆたうような雰囲気と、ソロ楽器をうまく使った音色・・・。
ヴォーンウィリアムズはオーケストレーションの天才だが、特に弦楽器のソロの扱いが非常に上手い。

第2楽章は、さらに郷愁を深める楽章。第1楽章より夕暮れに近づいたのか、故郷への想いが強くなったのか。ここでは、風景描写的というよりはもっと精神的な描写のように思える。
遠くから聴こえてくるナチュラルトランペットやホルン。とても幻想的で、かつ物悲しい。

第3楽章、作曲者が“スロー・ダンス”と呼んだそうだが、重々しい、重厚な響きだ。ABABAの形式になっているが、Aの中にもまたいくつか細分化できる楽想がある。
Bの部分はとても魅力的で、全曲中最も華やかだ。僕はジョン・ウィリアムズはヴォーン・ウィリアムズの影響を非常に受けていると思う。名前が似ているから意識したのかどうかはわからないが、この曲は、ジョン・ウィリアムズが音楽を担当した映画『フック』のテーマに雰囲気が似ている。
最後は非常に体位法的に複雑に、繊細なプレストになるが、そこで入るチェレスタなど、楽器の使い方が絶妙だ。Bに入るところのトライアングルも絶妙。
本当に音色の感覚に優れた人だ。

第4楽章、お待ちかねの美しいフィナーレ。恐らくこの楽章が最も人気があり、白眉だろう。
ソプラノのヴォカリーズで始まりヴォカリーズで終わる。その民謡のような素朴な旋律は、中間部で劇的に姿を変えつつ現れます。
そして、主のテーマが非常に美しい。映画音楽のようだけど、《交響曲第5番》の第3楽章のような行き過ぎたキャッチーさは見せない(それはそれで好きだ)。あくまで知的に、控えめに、でも感情的に、美しい。もしマーラーならば、同じ旋律を繰り返しつつもっともっと壮大に発展していっただろう。しかし、RVWはそうせず、一瞬盛り上がったと思っても、やはり落ち着いて霧の中に消えてゆく。
その終わり方も好きだ。
この曲で第1楽章が一番好きだ、と書いたが、このフィナーレも同じくらい好きで、中間の2つの楽章も非常に好きで、とにかく全部好きだ。
どれかが欠けていたら、好きじゃなくなるくらい、全部あって、絶妙なバランスを持っている。

これは、RVWの成し遂げた、完璧な音楽の一つの形だと思う。


僕の一番の愛聴版は、
51A1J6Q0TBL.jpg
ボーンマス響・バケルスの演奏。
音が一番クリアで美しい。こういう映画音楽チックな曲は、このNAXOSの録音が一番良い気がする。
そして、ハープがよく聴こえる。第1楽章の展開部に入ったところの、オーボエが旋律を吹き、Vn.が背景で保留音をならしているときのハープの下行の和音はとても重要なので、そこが存分に聴こえる演奏だ。
ただ、終楽章のレントがもっと遅くても良いと思う。

そこで、ハイティンク・ロンドンフィルの演奏の終楽章はちょうど良い。

そしてこの曲の場合、演奏を比べた時、一番違いが出るのが第3楽章。
ノリントンの演奏は、作者が“スロー・ダンス”と言っているのに第3楽章が早い。特にBの部分が。
これはハンドリーもスラトキンも早いが、それはそれで悪くはない。

皆が良いと言っているトムソン盤だが、僕は、この曲に関してはあまり良いと思わなかった。
演奏が、というよりも録音が。
第1楽章のヴァイオリンのソロがあまりキラキラしてなくて、オーボエの音もなんか汚い。
第4楽章は良かったが。


ヴォーン・ウィリアムズの交響曲2

ヴォーン・ウィリアムズ(以下RVW)の交響曲2、ということで、第2番《ロンドン交響曲》について語ります。

ロンドンの1日の情景を描いた連作交響詩のような作品で、非常にキャッチーなメロディと彩り豊かなオーケストレーションで、余すこと無く描写しています。
ただ、少し通俗的すぎるところが有るかもしれません。
まるで吹奏楽曲や、映画音楽のように聞こえます。
ただ、そう思って聴くと、とても良い曲です。“ゲイジュツセイ”などと固いことは言わず、素直にこの曲は楽しめます。

第1楽章は、朝もやの中、やがて『ウェストミンスターの鐘』が遠くからかすかに聴こえます。学校のチャイムのあれです。
その後、何故かオペラ座の怪人のようになり、中国雑技団みたいになります。
最初こそロンドンっぽかったのに、途中から“中華街交響曲”としたほうがしっくりくるようになる。
でも、純粋に楽しいです!吹奏楽部だった頃を思い出します。

第2楽章は、まるで『ロード・オブ・ザ・リング』を見ているような、壮大な映画音楽のような作品です。
明らかにこの交響曲の中で最も美しく、頂点の楽章です。
鄙びた、どこか懐かしい旋律、そして中間の盛り上がりは本当に心が揺さぶられます。
デ・メイに《交響曲第1番「指輪物語」》という曲がありますが、RVWのこの《ロンドン交響曲》の方が、そう題名がついていたらしっくり来る気がします。

第3楽章は、幻想的なスケルツォ。妖精が軽やかに飛んで行くような、軽快さのなかに幻想的なものを感じる、不思議な曲です。途中から吹奏楽のマーチのようになりますが、僕がもっとも心動かされたのは、後半だったかな?にある、弦楽器のsul pont.のような音で演奏されている、アコーディオンのような箇所。
一瞬出てくるだけなのですが、非常に新鮮な音色に聴こえます。
特殊奏法ばかりのゲンダイオンガクを聴くよりも、こういう普通の曲の中に効果的に使われる斬新な音色の方がビックリしますね。

第4楽章は、雰囲気としては第1楽章です。何か壮大なものを感じる冒頭です。途中様々なドラマがあり、また学校のチャイムが鳴り、霧のなかに消えてゆく・・・。そんな音楽です。
この楽章は、ロンドンの情景を書いたと言うよりも、何か困難な歴史を経て、今があるんだぞ!と言うようなときの流れを感じさせます。
第3楽章で、幻想に身を投じて、その幻想の中にロンドンの長い歴史を見た、と言うのが第4楽章。ということにしておきましょう!


さて、この《ロンドン交響曲》で格段に良い演奏は、これ。
ロンドン交響曲
キース・バケルス指揮・ボーンマス響の演奏です。
この演奏の良いところは、第1楽章の中国雑技団のところで、大抵の演奏はテンポを急に落とすのですが、この演奏はそのままのテンポで突っ走ります。
勢いが止まらず、中国雑技団を見事に描き切ってます!!
また、第2楽章の途中の鈴の音が、どの演奏より一番良いです!!日本の吹奏楽曲みたいです!

なんだか、褒めてるのかけなしてるのかわからないですが、本当に良いです!!
このNAXOSのボーンマス響の全集は総じて良い録音です。
あまりクラシック独特の厚みとかは無いですが、音がクリアで、非常に演奏レベルも録音レベルも高いです。
RVWの中でも映画音楽風の1、2、3、7、8などは、非常に相性が良い演奏だと思います。


ヴォーン・ウィリアムズの交響曲1

これから、全9回に渡って、ヴォーン・ウィリアムズ(以下RVW)の交響曲の魅力を語って行きたい。
それと同時に、録音の聴き比べとおすすめ盤を示したい。

今日は、第1番である《海の交響曲》。
RVW第1作目の交響曲にして最大の規模を誇る作品。
オーケストラと合唱、ソプラノ、バリトンのソリスト、オルガンも入る。
テクストは、ホイットマンの『草の葉』を使っている。

交響曲としては1作目だが、彼のキャリアはすでにそうとうなものがあり、38歳の円熟期の作品でもある。
シベリウスを生涯尊敬していたというRVWだが、この曲にはマーラーの《千人の交響曲》に影響を受けたような後がある。
しかし、こちらの方がわかりやすく、映画音楽っぽい。

第1楽章:全ての海、全ての船の歌
題名が壮大でかっこいいが、曲調もかっこいい。
冒頭のファンファーレから圧倒され、次の力強い合唱のあとの全オーケストラによる和音(オルガンも)が壮大でまたかっこいい。
その後の、波のうねりを表しているのであろう、アルペジオの音型も五音音階で、かっこいい中にも鄙びたイギリスの風情が感じられて、そこがRVWならではといえるだろう。
全曲中もっとも壮大で力強い参加がこの楽章で聴ける。第2テーマの行進曲調の部分もまたかっこいい。

第2楽章:夜、一人海辺にいて
題名がまた、素敵な感じだ。
緩徐楽章。あまり印象に残らないが、暗く幻想的な感じがする。

第3楽章:波
スケルツォの楽章。第1楽章冒頭のファンファーレから始まり、激しい曲調からやがて壮大なイギリス国歌風の行進曲が堂々と鳴り響く。
大海原に旅立つ、大英帝国、と言った感じだ。

第4楽章:冒険者たち
静かに始まり、やがて壮大に盛り上がって行く。
これもまた映画音楽のよう。
基本ゆっくりとしたテンポだが、最後にスコットランド風な?アイリッシュな?かっこいい部分がちょっとある。
ああ言う部分がもっと長くても良いのになあ、とも思ったりする。
最後は消え行くように終わる。
以後RVWの交響曲のほとんどは、静かに終わる。


僕が持っているCDの中だけでなので、もっと良いものが有るかも知れないが・・・

トムソン海
トムソン指揮、ロンドン響
10点満点中10点だ。
海の交響曲では、このCDが圧倒的に良い。
特に第4楽章が一番壮大に聞こえる。
第1楽章も、他の録音では聞き取れない、冒頭のホルンの連打などが聞こえて来て、非常に聞き応えがある。
トムソンの全集は、非常にファンの間で評価が高いが、僕はそこまででも無いと思う。
しかし、この曲に関しては、さすがというしかない。

ハイティンク、ロンドンフィル
これも良い。冒頭のファンファーレだけとれば、この録音ほど煌びやかなものは無い。
あとは、無難な演奏と言う感じだが、悪いところは何も無い。
8点!

ポール・ダニエル、ボーンマス響
NAXOSから出ているボーンマスの全集のもの。
このシリーズは総じて録音がクリアで良く、低音もしっかりしている。パンの振り方も凝ってある。
映画音楽のサントラのごとくで、VRWにはとても合っている気がする。
この曲も、全部のパートが鮮明に聞こえて良い。
壮大さは、トムソンほどは無い。
9点!

ボールト、ロンドンフィル、新盤
オーソドックスな演奏なのだろう。
でも、前の3つに比べて突出するところが無いように感じられた。
もっとちゃんと聴くべきなのだろうか、名盤らしいのだが。
7点。

スラトキン、フィルハーモニア
普通だったが、他のCDでは聞き取れなかった音が入ってたりした。
これはこれで面白い演奏だった。
7点。

アンドリュー・デイヴィス、BBC
録音もあまり良くない、演奏も普通。
4点。


プロフィール

ボリス

Author:ボリス
血液型:O型
趣味:音楽鑑賞、読書、ツーリング、心霊スポットめぐり
好きな音楽:ベートーヴェン、マーラー、シベリウス、ヴォーン・ウィリアムズ、谷山浩子、マイク・オールドフィールド など


一応作曲家です。
まだまだ先は長いですね。まるで樹海を彷徨っているようです。
ようこそ、僕の森へ。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセス数

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

樹海へ

上の各種バナーをクリックしてね!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR