スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉見百穴への冒険

ゴールデンウィーク初日の5月1日、ダイソーの地図片手に、東松山の「吉見百穴」に行ってきた。
そこは、どうやら古墳の一種らしいが、とりあえず岩に穴がたくさん空いていて、心霊スポットとしても有名らしい。

13時くらいに出て、途中何度か地図を見るために止まったりして、14時には着いた。
意外と近くてびつくり!!

吉見百穴1
ものすごく穴があった。
どの穴も部屋のようになっており、そこに一体一体埋葬されていたのだそう。

吉見百穴2

また、下のほうには大くて長い洞窟もある。
どうやら戦時中に軍需工場として掘られたものらしい。

どこまでも続いているようで、しかも寒くて、そこそこ人はいても怖かった。
途中格子があって、奥までは入れないようになったいたけれども。
吉見百穴3
また、ここは国定天然記念物「ヒカリゴケ」が生息する貴重な場所でもあるらしい。


さて、その吉見百穴の近くにある「岩窟ホテル」も見物してきた。
そこは、オーナーがノミ一つで掘ったという狂気のホテルらしい。
今は危険ゆえ立ち入り禁止となっているが、道路側からは見られた。
岩窟ホテル
いかにも幽霊が出そう。

GANNKUTRUHOTERU
でも、こういうものを一人で作り上げるというのはすごいね。
東洋のシュヴァルの理想宮ともいえるのではないでしょうか。


さて、そのあと東武線「高坂駅」へ向かいました。
そこにかつて「神秘珍々ニコニコ園」という狂気のテーマパークがあったのですが、
2004年くらいにオーナーの死によりファンに惜しまれつつ閉園。
今回その跡が見られたらいいなと赴いたわけです。

nikoniko
かつて駅を降りると嫌でも目に飛び込んできたという看板。
今では・・・
nikoniko2
ある意味狂気ですが、以前のものはなくなっている・・・。

nikonikoenn
ニコニコ園に行くために通るこの地平線の見える、まるで北海道のような風景は、
今では大型デパートなどが建ち、脇に新たな舗装道路ができて、つまらない町に様変わり!!
たった2~3年でこのように変わってしまうのですね。

地元の人から話を聞きましたが、
どうやら昔ニコニコ園があったころは、みんなそれを気持ち悪がっていたそうだが、
各地から物好きが見に来ていたとのこと。

あーーー、僕も見たかったなあ・・・。


スポンサーサイト

プロフィール

はじめ様

Author:はじめ様
血液型:O型
趣味:音楽鑑賞、読書、ツーリング、心霊スポットめぐり
好きな作曲家:ベートーヴェン、マーラーなど


一応作曲家です。
まだまだ先は長いですね。まるで樹海を彷徨っているようです。
ようこそ、僕の森へ。

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセス数

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

樹海へ

上の各種バナーをクリックしてね!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。