スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国防について

皆さんは沖縄の在日米軍の基地は必要だと思いますか?

社民党を中心に、必要ないという主張もある。
福島みずほは一貫して普天間基地の国外移設を主張した。
彼女は言う。
「日本がいま平和でいられるのは憲法9条のお陰だ」と。

バカ言っちゃいけない。
今日本が安全でいられるのは日米安保のためだ。
アメリカの核の傘があってこそというのを忘れてはならない。

日本には憲法9条至上主義者が大勢いる。
彼らは非常に妄信的で、根拠の無い平和論を唱える楽観主義者である。

この憲法9条妄信者たちの中には、在日米軍の駐留を反対している者が多い。
それと同時に、自衛隊にも反対しているのである。
自衛隊を持たず、さらに日米安保も否定・・・、ではどうやって国を守るのでしょう??
憲法9条でですか(笑)

確かに、自分の国の国土によその国の軍隊が駐留するというのは心地よいものじゃない。
だったら、自分の国は自分で守ろう、そういう考えになるのが一般的だと思う。
しかし、彼らはそれにも反対し、ただ何もせず平和を望むのである。
何をもって平和を維持するというのだろう?あまりにも現実離れした理想原理主義としか言いようが無い。
憲法9条を世界にアピールし、その主張により説得力を持たせるために一切の武力を放棄する、確かにそれは一部理解は出来る。
しかし、それらはあくまで“性善説”に基づいていることを忘れてはならない。
隣国には、グローバルコモンズの通じない北朝鮮という狂犬を抱え、その背後には中国というさらに強かな軍事大国を抱えつつ、どこまで“性善説”が通じるのであろうか?

そもそも、日本国憲法(ことにその9条)とは、第2次大戦に敗れ、米国が日本を弱体化させるために作られたものである。
日本国憲法によって骨抜きにされた日本にとって、そもそも米国抜きでは国として存続することは難しかったのである。
日米安保を吉田茂が署名したのも、もちろん敗戦国としてサンフランシスコ平和条約と共に認めざるを得ない理由があったほかにも、こうした背景があることは明らかだ。
つまり、憲法9条と日米安保はあくまでワンセットとして捉えるべきである。


そもそも国防だけでなく、あらゆる執行機関とは、常に最悪の場合を想定して、それに備えておく必要がある。
いつ地震が来るともわからない、それらの自然災害が起こったとき、起こってからの対応じゃあ当然その責任が問われるだろう。
起こりうるあらゆる災難を想定し、対処を施すのが執行機関の責任だ。
幼稚園の運動会や遠足だって、常に「雨天時」については代替案が準備されているはずだ。
今、隣国で砲弾が飛び交い、我が国にもいつ飛び火するかもわからない状況の中、平然と根拠の無い平和幻想に駆られている我々は一体なんなのか??


さらに僕は言う。

日米安保だけで本当に安全か?

よその国を見てもわかるように、自国の防衛を他国に任せきっている国は日本を置いて他に無い。
世界最大のモラトリアム国家である。
中国は今や軍事大国、アメリカ大陸まで届く長距離弾道ミサイルも数年前に設置され、潜水艦も装備されている。
果たしてそんな中、アメリカは自国のリスクも省みず、日本を守ってくれるのだろうか?
さらに、米国の国債の最大保有国としてアメリカ経済をも押さえている中国である。
日米安保条約にそこまでの拘束力は無いのも事実だ。

この状況を見るとき、日本の国防について議論することは避けられない。
僕は思う。
日本は核を持つべきである。
そこまでは言わないにしても、もっと国防にお金をかけるべきである。
そして、もう少し自衛隊に権限を与えてもいいと思う。
もちろんシビリアンコントロールを十分に効かせた上でだが。
今の状況では、領海侵犯の敵船を拿捕することすら困難すぎる。


今日のテレビ朝日の『朝まで生討論』を見ても
「非核三原則を見直すべき」という論は専門家の中では極当たり前のものになっていることがわかる。
しかし政治家は、自己保身のため、それらを“タブー”として封印する。
ようやく近年、さすがに非核三原則を見直す動きが出てきたことは、非常に進歩的なことである。


最後に、
僕は、憲法9条至上主義者たちを全否定するつもりは無い。
少々脳みそが足りないとしても、彼らの言っていることは誰にとっても理想的なことである。
ただ、現実を無視した根拠の無い主張にはついていけない。

スポンサーサイト

プロフィール

はじめ様

Author:はじめ様
血液型:O型
趣味:音楽鑑賞、読書、ツーリング、心霊スポットめぐり
好きな作曲家:ベートーヴェン、マーラーなど


一応作曲家です。
まだまだ先は長いですね。まるで樹海を彷徨っているようです。
ようこそ、僕の森へ。

カレンダー

10 | 2010/11 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

アクセス数

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

樹海へ

上の各種バナーをクリックしてね!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。