スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

童話作家 大海赫の世界

dokokanokunihe

ここ最近、大海 赫(おおうみ あかし)さんの童話にはまっている。
童話でありながら不気味でシュール、時には辛らつな内容だ。

挿絵も大海さん自身が描いてるものが多い。

ooumiakasi

この不気味な木版画の挿絵。「アオスジウソチョウ」というお話の挿絵。

僕が特に思わずゾッとしたのは、童話「ママが6人!?」の中の6人のママが中世の教会によく見られる回転体の重像文様のように円をなして描かれているものだった。


「ドコカの国にようこそ!」は、主人公のフトシ君が“ドコカの国”への鍵を手にするために、サラバさんが課す10のさまざまな過酷で不気味な試練をこなしていくもの。
最後の結末も、決してグッドエンドとはいえない。


「ランドセルは魔女」は、挿絵は大海さんではない。「おしいれの冒険」などの挿絵を描いたタケカワコウさんだ。
割とあっさりとした挿絵からは想像できないほど不気味な物語だ。
主人公は“ランドセル”を小学生を卒業した従姉妹からもらうのだが、その後彼女は気が狂って湖で入水自殺してしまうという、童話とは思えないような内容。
ランドセルを貰い受けたその後、主人公はその“魔女”のランドセルのお陰で、成績がぐんぐん伸びるのだが・・・。

「ビビを見た!」は、生まれつき目の見えない盲目の子供が主人公。しかし、ある日どこからか声がして、7時間だけ目を開かせてくれるという。その言葉通り目が見えるようになるのだが、同時にこれまで目が見えていた人々の目が見えなくなってしまう。
そんな中「敵が来る!」と、町中は大騒ぎ。目が見えない人々は、普段から目が見えていない人たちの助けを借りつつ、女、子供は皆非難するため電車へ。男たちは残って街を守ることになった。
目の見える主人公は、電車内で自分の他に目が見えるらしい一人の少女に出会う。しかし、その少女は何かにおびえている。「ワカオが来る・・・。」“ワカオ”というのが皆のいう“敵”の正体なのだろうか?



まだまだ、有名な作品がたくさんあるこの大海さんの世界。
多くの子供たちにトラウマを残したようです。
みなさんも是非、図書館で借りて読んでみて下さい。

スポンサーサイト

プロフィール

はじめ様

Author:はじめ様
血液型:O型
趣味:音楽鑑賞、読書、ツーリング、心霊スポットめぐり
好きな作曲家:ベートーヴェン、マーラーなど


一応作曲家です。
まだまだ先は長いですね。まるで樹海を彷徨っているようです。
ようこそ、僕の森へ。

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

アクセス数

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

樹海へ

上の各種バナーをクリックしてね!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。