スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬、頭だけ出して生き埋め―この事件の真相

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101010-00000031-mai-soci

日本には昔から蟲術等の流れを汲む、動物霊を使役する呪詛がある。
四国にもイヌガミというのがあるが、その呪術の方法が、 まさに犬を頭だけ残しあとは生き埋めにし、餓死寸前のところで目の前にえさを置く。 そして、必死で頭だけでそのえさにかぶりつこうとする犬の首を切り落とす。 その瞬間、犬は首だけでそのえさにかぶりついて死ぬそうだ。
それをミイラにして祀るというものだ。

「食べ物の恨みは怖ろしい」と昔から言うとおり、その呪いの力は強烈で、 呪いを行ったものはその動物霊をうまく利用することも出来るが、下手をすると自分が食われる。
さらに、その家系全体がその血筋、つまり“イヌガミスジ”となる。
また、そのスジは、婚姻などによって広がっていくため「イヌガミスジ」の家とは結婚するな、ということになる。

そうなると、彼らはそのスジどおしの結婚以外が難しくなるため、近親相姦等が多くなり、そこに被差別部落のような集落が出来る霊も少なくなかったそうだ。

まあ、社会学的に見て、その動物霊憑きの家系というのは恐らく人間どおしの妬み、共同意識等から生まれた一種の社会的潤滑油としての働きがあると、社会学者吉田禎吾氏は述べている。


まあ、つまり、今回の事件はこの「イヌガミ」の呪術を実行しようとしたのではないかと思うのである。
だって、いたずらっつっても子供が大きさ1メートルの犬を、いとも簡単にこんなことできるかねえ??

中学生くらいなら出来るか。
まあとにかく一人では出来ないから、集団でやったのだと思う。



追記

この前実家に帰ったとき、意外と近くにそんな集落?があると知ったよ!
まあ社会的にタブーにされてる地帯なんだろうね。
まさに車も入りにくい山奥・・・。

スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

はじめ様

Author:はじめ様
血液型:O型
趣味:音楽鑑賞、読書、ツーリング、心霊スポットめぐり
好きな作曲家:ベートーヴェン、マーラーなど


一応作曲家です。
まだまだ先は長いですね。まるで樹海を彷徨っているようです。
ようこそ、僕の森へ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセス数

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

樹海へ

上の各種バナーをクリックしてね!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。