スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤城清治 教文館展

今年、自宅アトリエ展につづき二回目の藤城清治展に行った。
今回は銀座の『教文館』というキリスト教関係の本を出版しているところで行われた。

hujisiroten1

hujisiro2

hujisiro3

正直、到底満足できるものではなかった。
まず、入場料が1500円と高いわりに、作品数が非常に少なく、
しかも全体的にチャリティ色が強すぎる・・・。
被災地の瓦礫の影絵を作ったところで、そりゃあ社会的メッセージはひしひしと伝わるも、
まったく影絵にする意味が無く、幻想もクソもない・・・。
藤城清治らしい、幻想的でメルヘンチックな影絵の世界は、この美術展ではあまり感じられなかった。
一緒に行った友達にも、本当の彼のすばらしさを教えてあげたかった・・・。
この展示は、おすすめできない。
薄っぺらい展示だった。

1500円のうち300円は義援金として被災地に送られるらしいという話も、結局入ってから知ったし。

スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

-

管理人の承認後に表示されます
  • 2012/04/03(火) 03:56 |

プロフィール

はじめ様

Author:はじめ様
血液型:O型
趣味:音楽鑑賞、読書、ツーリング、心霊スポットめぐり
好きな作曲家:ベートーヴェン、マーラーなど


一応作曲家です。
まだまだ先は長いですね。まるで樹海を彷徨っているようです。
ようこそ、僕の森へ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセス数

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

樹海へ

上の各種バナーをクリックしてね!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。