スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Enid(エニド) アルバムレビュー①

新参者ファンですが・・・。

最近、エニドというバンドにハマっている。
ジャンルとしてはプログレとかシンフォニック・ロックとか呼ばれているもので、70年代から現在に至るまで精力的に活動を続けている。
狂信的なファンが根強くいることでも有名なバンドらしい。
昨年は日本でもライブがあり、なんかモー娘。の人も聴きにきてたとか。

その作風は、従来のプログレの基本的な特徴をもちつつ、それよりもさらにクラシックに近いもので、
もっと言えば、19世紀末の音楽を彷彿とさせる。

このバンドの作曲とキーボードを担当する、中心的な存在ゴドフリー氏が大のマーラー好きらしく、ものすごく影響を受けているのがわかる。
アルバム内、時にアルバムの枠を超えて同じモチーフを意図的に使ったり、長大な曲が多いのは、プログレの特徴を継承したというよりは、マーラーの影響が大きいように思えるし、音楽自体マーラーそのもののようなものが多い。
こういったスタイルは、時に「クラシックの真似事」というような批判をされることもあるが、むしろクラシックのイディオムで、それもバリバリ後期ロマン派の語法を使ってロックをやると言うのは、新しくプログレッシブな試みだと言える。

さて、これから何度かに分けて、そのスタンダードなアルバム13枚(再録、ベスト盤、ライブ盤など省く)をすべてレビューしたい。
その上で、10点満点の評価をしたいが、この中で相対的に低い点数になったアルバムも、この世の音楽すべてから見ればかなり上位にあると言って良い。

自分が思いついた順にレビューしていく。
第1回目の今回は、この前置きが長くなったので、1番最初に買って、一番のお気に入りの傑作、
2nd「Aerie Faerie Nonsense(エアリー・フェアリー・ナンセンス)」についてのみレビューしたい。

Aerie Faerie Nonsense

この「Aerie Faerie Nonsense(エアリー・フェアリー・ナンセンス)」は、
エニドの2番目のアルバムにして、最高傑作と名高い作品である。
6曲からなり、そのすべてが名曲だと思う。
それと同時に、モチーフの共有によって、アルバムを通して一つの作品と見ることができる。

1曲目の「Prelude」と2曲目「Mayday Galliard」は繋がっており、「Prelude」の冒頭の倍音列による音型は、4曲目でも顔を出す。
本編の2曲目は、3拍子の舞曲で、実は最初聴いた時、「なんだこのダサい曲は」と思ってしまった。何せ音色がヤマハ音楽教室などのエレクトーン合奏を思わせ、なんかムズムズとしてしまったのだ。
でもよくよく聴いてみると、実は和声的にもいろいろな工夫が見られ、爽やかな傑作だと思うようになった。

3曲目「Ondine」は、懐かしい感じのする、印象派風の美しい曲。
非常に幻想的で、題名の通り、夜の水の上を、水の精がゆらゆらと踊っているような雰囲気。

4曲目「Childe Roland」は、このアルバム中最もロックな激しい曲。ゲーム音楽好きは、この曲は好きだろうと思う。
僕も、最初この曲を聴いて、エニドに興味を持った。
途中に出てくるバスラインの旋律は、5曲目にも顏を出す。

5曲目から、レコードだとB面、ということになるだろう。
この5〜6曲目は「Fand」という一つの曲になっていて、これがこのバンド屈指の名作として知られている。
トラック5にあたる「1st movement」は、このアルバム中最も長い曲。
大きく3部分くらいに分けられるように思う。
1部分目は序章とも言える部分で、1曲目の「Prelude」を思わせるような抽象的な感じで始まり、やがて、1stアルバムの「Falling Tower / 崩れゆく塔」という曲に出てくるギターのリフに乗って、哀愁漂うメロディーが演奏される。
2部分目は主部で、もっとも主要な主題が、あらゆる対旋律を伴って現れる。その対旋律の中には、「崩れゆく塔」のリフや、前述した4曲目「Childe Roland」で予見された旋律も含まれる。
3部分目は、1部分目を盛り上げたような壮大なコーダ。

最後を飾る「Fand - 2nd movement」は、恐らくこのアルバム中最も傑作と言われている、締めくくりに相応しい音楽。
マーラーのアダージェットや、3番のフィナーレを思わせる幅の広い壮大な音楽で、このスタイルは今後のエニドのアルバムにも、ほぼ全編にわたって顏を出す(特に、フィナーレの曲として)。
恐らく多くの人が「エニド」に抱いている印象、そして求めているのは、このタイプの楽曲なのではないかと思う。

最後に、このアルバムに点数をつけるとすれば、
当然、10点満点だろう。

スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

はじめ様

Author:はじめ様
血液型:O型
趣味:音楽鑑賞、読書、ツーリング、心霊スポットめぐり
好きな作曲家:ベートーヴェン、マーラーなど


一応作曲家です。
まだまだ先は長いですね。まるで樹海を彷徨っているようです。
ようこそ、僕の森へ。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセス数

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

樹海へ

上の各種バナーをクリックしてね!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。