スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • home >
  • 大衆音楽 >
  • The Enid(エニド) アルバムレビュー⑤ 80年代アルバム

The Enid(エニド) アルバムレビュー⑤ 80年代アルバム

以前にThe Enid アルバムレビュー②で、
80〜90年代の彼らのアルバムには、はっきりとした“色”があると言ったが、
次はその80年代の色あるアルバムをレビューしたい。

5th
83年の5thアルバム『何かが道をやってくる』は、レイ・ブラッドベリの同名の小説から題名が取られている。
ジャケット画は、ゾッとすることに、右上から半時計回りに3人いる子供が減って行き、むこうから赤い光が近づいてきているというもので、核の脅威を表している。

アルバムの“色”としては、以前のものに比べてロック色が強く、何よりこのバンド初めてのヴォーカルを取り入れた。
印象としては1stアルバムに近いものがある。すなわち、ブラックユーモアの効いた、少し悪魔的なもの。
特に、1曲目の「レインダウン」のメロディは非常に独特で面白い。
6曲目の「ソング・フォー・ヨーロッパ」の最後の印象的なリズムが、ラストの「何かが道をやってくる」に現れるのが、何か意味ありげで良い。
点数は6点。


6th
ファンの間では非常に人気が高い84年の6th「The Spell」は、4楽章からなる大作と、2曲のおまけのような曲からなるアルバム。
全編にわたって、2ndアルバムの終曲「Fand」の雰囲気だが、前作からのヴォーカルも引き継がれている。
非常に充実したアルバムだとは思う。
1曲目「Winter "the key"」は、まさに全曲の基本となる主要テーマが美しく奏でられる、マーラー・アダージェットやドビュッシー風の曲。
2曲目の「Spring」は軽やかで、しかし哀愁を帯びた5拍子の舞曲。
3曲目は長大なヴォーカル入りの曲「Summer」。
注目すべきは4曲目「Autumn "Veni Creator Spiritus"」。これはマーラーの交響曲第10番の第5楽章をものすごくわかりやすくパクっていて笑える。
後半はマーラーというよりはラフマニノフ風。
これはこれで良いと思う!

あとのおまけ2曲はあまり印象に残らないし、なんか変な曲。
6点。


7th

86年の7th「Salome」は、ファンの間でも評価が分かれるアルバムだろう。
このアルバムには、他に無いはっきりとした“色”がある。
民族色の強さ。エキゾチック。
従来のエニドからは想像もできないこの“色”の変化には、批判的な人も多いだろうが、
3rdアルバム『Touch Me』の2曲目「葬列」ですでにその特色は見せていた。

1曲目「O Salome」の朗読のような、しかし色気のあるヴォーカルは非常にクセになる。
3曲目「The Change」も、1曲目をよりエキゾチックに、そして徐々にテンポを増して、最後には狂気に陥ったようになるのも、非常に鬼気迫るしすばらしい。
4曲目(なぜか3曲目と同じトラック)の「Flames Of Power」もまた、お決まりのマーラー風フィナーレでありながら、このアルバムのもう一つの特徴、”テクノ的な現代性”を象徴し、モジュレーションを異様にかけた終わり方をしている。

ただ、このアルバムの短所としては、たった3トラックしか入っていないこと、
そして、3、4曲目がなぜか同じ3トラック目に入っていること。
それを分ければもっと評価が高かったのに、非常に残念。
7点。


8th

8thの『The Seed And The Sower』は、ニューエイジとクラシックを掛け合わせたような作風。
これまでのどの作品よりも複雑で、本格的なクラシックっぽい。
明らかに、中心的なメロディがあり、それは「Earthborn」でエンディングテーマのようにヴォーカル入りで歌われる。
ミュージカルや、ディズニー映画のようであるが、途中はあまりに本格的なクラシック音楽になるので、そうも思えない。

面白いのが1曲目で、同じリズムの繰り返しは明らかに最初は弱起(アウフタクト)の曲のように思えるが、それにメロディが重なってくると、弱起のように思えていた部分が実は1拍目であると認識するようになる。
まさに良く出来たミニマルミュージックだ。

2曲目「A Bar Of Shadow」はアンビエント風、
3曲目「La Rage」でものすごく本格的なソナタ形式のクラシックが聴ける、と前半で期待する。
が、実際にはソナタ形式にはならず、最後は安っぽいニューエイジのようになるのが非常にもったいない。

4曲目は、マーラーが『大地の歌』でみせたような、中国風の音楽。
これはしっかりしている。中国風でありながら、きちんとした後期ロマン派風でもある。まさに『大地の歌』風。
5曲目はすでに述べた通り。
8点。


ここまで3rd、4th以外のアルバムを見てきたが、
フィナーレに来るマーラー・アダージェット風の曲だけを見てきても、そのアルバムに合った特徴を兼ね備えている。
9thでは演説がサンプリングされていたり、と。
エニドは非常に面白い、良く出来た第1級のバンドだということを改めて感じさせられる。

スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

はじめ様

Author:はじめ様
血液型:O型
趣味:音楽鑑賞、読書、ツーリング、心霊スポットめぐり
好きな作曲家:ベートーヴェン、マーラーなど


一応作曲家です。
まだまだ先は長いですね。まるで樹海を彷徨っているようです。
ようこそ、僕の森へ。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセス数

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

樹海へ

上の各種バナーをクリックしてね!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。