FC2ブログ

作曲家別・交響曲ランキング②マーラー

昨日、第1回としてベートーヴェンを書きましたが、第2回はマーラーです。

ベートーヴェンとマーラーは僕に特別な作曲家です。
マーラーの魅力は、あらゆる雑多なものが、十分に消化されないままごっちゃになっているところ。
第3回はシベリウスを書きたいが、シベリウスとは同時代人でありながら、全く真逆の作風だと思う。
湖に例えるならば、マーラーは富栄養湖。シベリウスは貧栄養湖。
富栄養湖は栄養が多く、生物の多様性も豊富だが、水は濁っていて汚い。たまにはプランクトンや藻が大量発生することもある。水を飲めばお腹も壊すだろう。
貧栄養湖は、逆に生物の多様性は貧弱だが、水がとても澄んでいる。そんな違い。

うんこにたとえるなら、マーラーは消化されてない人参とかグリーンピースがそのまま出てくる下痢便のようで、シベリウスは綺麗なうんこだろう。

そういう“異物感”というものこそ、マーラーの最大の魅力の一つかも知れない。

さて、早速ランキングに入りたいが、マーラーの交響曲は、本当にどれも好きすぎて、ランキングが付けづらい。
ほとんど全て僅差だし、それぞれに違った魅力があって、ベートーヴェン以上に苦しそうだ。


第1位:第9番
やはり、これは究極。完全なるごった煮の世界。マーラーワールド全開。

第2位:第1番
マーラーのやりたかった一番煎じがここに!愛すべきメルヘンチックな交響曲。マーラー信者になったきっかけの曲でもあるので思い入れも強い。

第3位:第6番“悲劇的”
ここからは、もうほぼ同じ。というか、全部同じ順位。6番は、かっこいい。

第4位:第5番
何度聴いても飽きない、完璧な交響曲。

第5位:第3番
楽章単位でいえば、第6楽章は第1位です。ただ、この曲は第3楽章のポストホルンのところがダレてしまう。中だるみがもったいない。

第6位:第10番
いろんな人のバージョンがあるが、そのバージョンを聴き比べるのは面白い。普通にめちゃくちゃ良い曲だと思います。

第7位:第7番“夜の歌”
夜の歌というニックネームどおり、夜の雰囲気の漂う1〜4楽章の統一感と、第5楽章の明らかな異物感が良い。

第8位:大地の歌
もっとも一番生で聴いた曲。第3、4楽章の東洋風なところと、6楽章のひたすら暗い感じが好き。

第9位:第2番“復活”
かっこいい。N響定期で合唱で歌った経験もある。あらためてすごい曲だと思った。でも他の曲も良すぎて9位に。

第10位:交響曲第4番
愛らしい曲。最初聴いたときは、これが本当にマーラーかとビックリした思い出。こういう遊び心も好き。

第11位:第8番“千人の交響曲”
かっこいいしめっちゃ好きなんだけど、これもまた他の曲が良すぎて最下位に・・・。
第2部のクリスマスっぽい部分がとても好き。

以上です。
次は、シベリウスやります。
予定では、この後、ショスタコーヴィチ、ヴォーン・ウィリアムズと続けて、最終的に全作曲家でのランキングをしたいです。
また、読んで下さい。


スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

ボリス

Author:ボリス
血液型:O型
趣味:音楽鑑賞、読書、ツーリング、心霊スポットめぐり
好きな音楽:ベートーヴェン、マーラー、シベリウス、ヴォーン・ウィリアムズ、谷山浩子、マイク・オールドフィールド など


一応作曲家です。
まだまだ先は長いですね。まるで樹海を彷徨っているようです。
ようこそ、僕の森へ。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセス数

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

樹海へ

上の各種バナーをクリックしてね!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR