FC2ブログ

名悪役にはベートーヴェンがよく似合う

「富士には月見草がよく似合ふ」
ならぬ、
「名悪役にはベートーヴェンがよく似合う」

ベートーヴェンと悪役、というのは、映画の中でわりとよく見かける。

まず、誰もがすぐに思いつくのは、
『時計仕掛けのオレンジ』のアレックスだろう。
時計じかけのオレンジ
ベートーヴェンと超暴力に生き甲斐を求める少年。
第九と暴力が常に結びついて描かれる。
政府によって暴力を嫌う身体にされてしまったとき、同時に第九を聴けなくなるが、
最後は、その暗示から解け、元の悪に戻ってしまう。
それを、第九を聴いても拒否反応を示さず、聞き入るアレックスによって暗示させるのは、見事、というかゾッとする。


そして、魅力的な悪役と言えば、まず口にしない人はいないであろう、
『レオン』のスタンフィールド。

スタンフィールド

ゲイリー・オールドマン演じる彼は、ウォークマンでベートーヴェンを大音量で聴き、
部下に「ベートーヴェンは好きか?」と聞く。
部下が、クラシックは聴かない、というと、
「よし、俺がベートーヴェンを演奏してやる」といい、マシンガン片手に一家惨殺を行う。
暴力表現としての“ベートーヴェン”の最たる例だ。

これには裏話が合って、ゲイリー・オールドマンが当時、
『不滅の恋ーベートーヴェン』という映画で主人公のベートーヴェン役を演じていた。
さすがに、悪役として名高いゲイリーオールドマン。
怪演というか、悪いベートーヴェンを非常に魅力的に演じている。
そのこともあって、『レオン』ではこの演出がついたのだろうと思う。


そして、やはり魅力的な悪役ランキング等には絶対いつも入るこの人。
『ダイ・ハード』のハンス・グルーバー。
アラン・リックマン演じる、知的でイカれた名悪役。
映画のストーリー的には特にハンスが第九が好きとかベートーヴェンが好きとか、そんなことは言っていない。
だが、彼らグルーバー一味の登場シーンに、ライトモティーフとして第九が流れる。
Wikipediaによると、『時計じかけのオレンジ』へのオマージュだとか。


どの悪役も、映画史に残る名悪役で、「名悪役ベスト」みたいなサイトには常に登場する人たちだが、なぜ“ベートーヴェン”なのか、なぜ“第九”なのか。

僕が以前読んだ映画の本で(タイトルは忘れたが)、『時計じかけのオレンジ』の“第九”について言及されていた。
第九の持つ「全てを許そう、犯罪者もなんでも、人類皆兄弟」というようなメッセージが、暴力を容認しているように聴こえ、アレックスの救いになっているのではないか?というような言及だった。
まあ一理ある。

ただ、僕の解釈は、少し違う。


「富士には月見草がよく似合ふ」

『富嶽百景』の一節だが、太宰治の意図はなんだろうか。
なぜ“月見草”なのか。
これは、竹取物語からの連想という解釈が多いですが、
それよりもまあ単純に、構図の問題というところが大きいでしょう。

小さく可憐な月見草のバックに、壮大な富士山。
そのちっぽけだけど富士に負けない美しさをもつ月見草と富士山の“対比”です。

一見大きさも種別も何にも関係なさそうな“月見草”と“富士”。
その2つを象徴的に結びつけたところに、太宰の分学的描写力が発揮されます。


「名悪役にはベートーヴェンがよく似合う」
一見、“悪(暴力)”と“ベートーヴェン”は直接は結びつかないかも知れない(暴力的な音楽ではあるが・・・)。
しかし、悪役をベートーヴェンの音楽をバックに見た時、“よく似合う”のである。
一方は社会のゴミ、一方は人類の宝。
ちっぽけな月見草が、壮大な富士山と対峙するとき、その美しさを際立たせるように、
悪役も、ベートーヴェンと対峙する時、そして共鳴する時、その“悪”のカリスマ性を発揮するのである。

何とも面白いものではないか。

スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

ボリス

Author:ボリス
血液型:O型
趣味:音楽鑑賞、読書、ツーリング、心霊スポットめぐり
好きな音楽:ベートーヴェン、マーラー、シベリウス、ヴォーン・ウィリアムズ、谷山浩子、マイク・オールドフィールド など


一応作曲家です。
まだまだ先は長いですね。まるで樹海を彷徨っているようです。
ようこそ、僕の森へ。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセス数

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

樹海へ

上の各種バナーをクリックしてね!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR