FC2ブログ

日本三大妖怪について

相馬の古内裏


日本三大妖怪とは。

「鬼、河童、天狗」である。
これは、妖怪研究第一人者の一人である多田克己が最初に述べたことで、まあ異論も無いだろう、と思う。

ちなみに、たまに聞かれる
「酒呑童子、九尾の狐、大嶽丸」というのは、小松和彦が述べた“中世の”三大妖怪であり、妖怪の基本、というよりは、中世で名を馳せた固有名の妖怪3匹だ。
たまに聞かれる「大嶽丸」を「崇徳上皇」に置き換えた“日本三大悪妖怪”というのもあるが、
出典も特になく、“日本三大怨霊”である「菅原道真、平将門、崇徳上皇」が、小松の“中世の三大妖怪”とごっちゃになって広まったものだろう。

さて、話を元に戻すと、
「鬼、河童、天狗」に、さらに「狐、狸」を加えて五大妖怪とする説もある。

また、昭和の妖怪ブームの火付け役となった佐藤有文の『日本妖怪図鑑』には、最も一般的に知れ渡る妖怪5選として、冒頭に「妖怪チャンピオン」という項がある。
そこに書かれているのは、「河童、鬼、天狗」までは三大妖怪の通り、
それに加え「幽霊、風神・雷神」だ。
六大やないかい!というツッコミもあるでしょうが、「風神・雷神」は同じ項目に書かれている。

“幽霊”は、昔こそ“妖怪”と区別して書かれることが多かった。
柳田国男や折口信夫もその違いを述べていたりしたが、例外だらけの分別だった。

そこで、最近は“幽霊”を“妖怪”に含める考えが一般的だ。
小松和彦が妖怪を「人々に祀られていない『超自然的存在』」(『妖怪学新考』より)と述べている。
これが現代“妖怪”を定義する上で最も権威を持っている文章なのではないかと思う。
ちなみに、一方の「人々によって祀られた『超自然的存在』」を「神」という。

佐藤の五大妖怪説は非常に説得力が有る。
“幽霊”が妖怪に含まれる今、鬼や天狗や河童以上に、幽霊は一般的な存在ではないだろうか。


さて、最近You Tubeでよく『まんが日本昔ばなし』を見ているのだが、
鬼は確かに非常に目立つが、河童や天狗は、意外にあまり出てこないことに気付く。
それよりも、非常に存在感を示している妖怪がいる。

“やまんば”だ。

河童や天狗以上に、人々の生活に身近だったのは、やまんばだったのだろう。
それに、非常に恐れられていたことがわかる。
そんなごく一般的な妖怪である“やまんば”が三大妖怪に含まれないのにも、少し合点がいかない。

そしてもう一つは“竜(龍)”だ。
大抵の妖怪図鑑には“竜”は載っているし、西洋のモンスターとしても一番真っ先にあがるのは“ドラゴン”ではなかろうか。
“竜”は神に分類されることもあるので、その辺が曖昧になっているのかも知れない。
日本において竜はたしかに、「祀られて」いる場合も多いし、どちらかというと、人々にとってプラスに働く超自然的存在かもしれない。
竜は、“水”に関わる妖怪で、農耕民族の我々は、水がとても重要だったからかも知れない。
しかし、水害という恐ろしいこともあり、九頭竜などはその象徴として恐れられた“妖怪”である。

妖怪とされるものの中には、神との境があまり無いものが多い。
竜をはじめ、貘、麒麟、白沢といったものがそうかも知れない。座敷童子もそうだろう。
“やまびこ”も、昔は山の神と言われていたが、今となっては妖怪の代表的な存在。


妖怪は何も昔のものだけじゃない、
昭和に入って、学校というコミュニティでそれらは増殖する。
こっくりさん、口裂け女、カシマさん、テケテケ、青い紙赤い紙・・・、
中でも“トイレの花子さん”は別格だろう。

近年インターネット上では“死ぬ程洒落にならない怖い話”スレがたって、そこであらゆる妖怪が人為的に作り出され書き込まれるようになった。
くねくね、ことりばこ、ヤマノケ、猿夢・・・

インターネットという無限に拡散するツールのお陰で、個人が容易に“妖怪”を生み出せる時代になった。
それらも“妖怪”として定義してしまってよいのだろうか?
良い、だろう。
何せ日本の妖怪文化で、こうして個人が生み出したものと言うのも多いからだ。


妖怪の代表を“三大”に絞ること自体、無理難題なのかも知れない。
と言うことで、僕が日本を代表する、十大妖怪として、十個選んでみた。
本当はもっと必要だが・・・。


日本十大妖怪
・鬼
・天狗
・河童
・狐
・狸
・竜
・幽霊
・山姥
・風神雷神
・トイレの花子さん

どうだろう。
むじなとかかまいたちとか雪女とかろくろ首とかのっぺらぼうとかツチノコとか海坊主とか、これも入るだろうってのはもっとたくさんあるだろうけど、10個に無理矢理絞って、権威のある人が言うことも考慮すればこうなった、という感じです。

100選くらいにしないと難しいな。やっぱり。


もっと知りたい!妖怪のブログ


スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

ボリス

Author:ボリス
血液型:O型
趣味:音楽鑑賞、読書、ツーリング、心霊スポットめぐり
好きな音楽:ベートーヴェン、マーラー、シベリウス、ヴォーン・ウィリアムズ、谷山浩子、マイク・オールドフィールド など


一応作曲家です。
まだまだ先は長いですね。まるで樹海を彷徨っているようです。
ようこそ、僕の森へ。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセス数

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

樹海へ

上の各種バナーをクリックしてね!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR