FC2ブログ

ロード・オブ・ザ・リングは本当に名作か?

オブザリング

僕は『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズが非常に好きだった。
最近、ヴォーン・ウィリアムズをよく聴いていて、急にもう一度見たくなって、オークションで3部作のDVDを落とした。
そして、1作目「旅の仲間」を今日見たのだが、以前見たようなスケールの大きさや映像美などの感動があった一方、
どうしてもいろいろな矛盾点が目についてしまった。
そして、各キャラクターにカリスマ性が足りないように感じてしまった。

そして、本当に名作なのだろうか?と思うに至った。
いや、名作であることには間違いないし、
こういう割と昔のファンタジー小説をもとにした映画に矛盾点とかを指摘するのは非常にナンセンスなんだろうと思うけれども。

映画として、よりも、トールキンの『指輪物語』へのケチなのかも知れない。

まず、簡単に映画『ロードオブザリング』=『指輪物語』の概要を書く。
ワーグナーの『ニーベルングの指輪』や北欧神話に影響を受けた世界観で、非常に壮大なファンタジー。
冥王サウロンが作った世界を支配できる力を持つ指輪があり、それが最も支配よくの無い種族“ホビット”の手に渡って、まあ平和だった。
しかし、指輪にはサウロンの魂が宿っていて、サウロンは蘇った。
養父から指輪を授かった主人公のホビット、フロドは指輪を取り戻そうとする追っ手から逃れつつ、魔法使いのガンダルフや王家の血筋を引くアラルゴンたちと、指輪を葬るべく旅に出る。

そんな話。

ここからはネタバレになるが、僕が今見て、どうしても気になったことをいくつか書く。


  • まず最初のサウロンが倒されるシーン。全てを支配できる“指輪”をつけたサウロンがいとも簡単に倒されるのはなぜ?指輪の魔力とはいったい・・・。

  • ゴラムがあそこまで固執した指輪。ビルボは割と簡単に手放したように見えた。指輪の誘惑ってそんなもん?

  • アイゼンガルドとホビットの村、鉱山などの距離感がよくわからない。全部近くにあるの?ガンダルフがアイゼンガルドに行くときも異様に近く感じたし、ウルクハイの集団がアイゼンガルドから出発して旅の一団に追いつくまでが早すぎる感じがした。

  • ナズグルは弱すぎないか?3作目で、ナズグルの首領は割と驚異的に描かれていたが、今回5人もナズグルがフロドを襲いかかった割に、アラルゴン一人で全員相手できるほど弱かった。

  • 9人の仲間が、鉱山でオークの大群に襲われても、誰一人死なないし、ホビットよりオークが弱い。オークってそんなに弱い種族なの?

  • ウルクハイの首領(ラーツというらしい)がサルマンから「ホビットを生け捕りに、後は全員殺せ」と命令されて出撃したにも関わらず、ホビットを生け捕りにしかしてない。他の人は殺さなくて良かったの?


とか、いろいろと思うことはあったけれども、そんなことを考えながら見るのは野暮なんだろう。

やはり9人いて死ぬのが一人だけっていうのはちょっと不自然な気がするし、いろいろと気になったかな。
あと、意外と魅力的なキャラが少ないことにも気付いた。
フロドがまず好きになれない。
指輪とか関係なく何故かいつも狙われるし、やけにみんなからチヤホヤされる。
そんなにカリスマ性があるのか?
サムは多分ゲイで、フロドのことが好きなので仕方ないか。

結局この映画に、なかなか人間的なキャラがいなくて、共感を誘わないが、
サムは愛せるし、ちょっと悪役のボロミアは人間の弱い部分が一番見えてわりと好きになれた。
あとは、皆賢者過ぎて、ちょっと感情移入しづらいかな、と。

まあよく言われることだけれども、このシリーズの本当に主人公はフロドではなくてサムで、最も好感が持てるのもサムだろう。

僕は1作目よりも、2作目、3作目になってどんどん引き込まれた記憶があるので、大人になった今、2、3作目を見るのが楽しみだ。
どんな感想を持つだろう。


もっと知りたい!フロドのブログ


スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

ボリス

Author:ボリス
血液型:O型
趣味:音楽鑑賞、読書、ツーリング、心霊スポットめぐり
好きな音楽:ベートーヴェン、マーラー、シベリウス、ヴォーン・ウィリアムズ、谷山浩子、マイク・オールドフィールド など


一応作曲家です。
まだまだ先は長いですね。まるで樹海を彷徨っているようです。
ようこそ、僕の森へ。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセス数

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

樹海へ

上の各種バナーをクリックしてね!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR