三大田園交響曲

最近になって、ベートーヴェンの交響曲《田園》は大傑作だと強く思うようになった。
もちろん前から傑作であることはわかってたが、“大”が付くようになった。

“田園”というテーマの中で、各楽章に完璧な形でそのテーマが織り込まれていて、しかもそれが美しい。

第1楽章〈田園に着いたときの心地よい気持ち〉は、冒頭の5度の響きも牧歌的だし、展開部では第1主題のモチーフをひたすら繰り返すだけで美しい音楽世界が生まれる。
この雰囲気には一生浸れる。

第2楽章〈小川のほとり〉は、小川の流れを表す弦の動きや、小鳥のさえずりが織り込まれ、一層描写的だ。
ベートーヴェンの頭の中に広がる風景は、こんなにも美しいのか。

第3楽章〈農民の楽しい踊り〉も、実にユニークな楽章。村人が酒場で楽しく踊るうちにどんどんテンションが上がってくる様子が目に浮かぶ。三拍子系のスケルツォから二拍子のトリオへのスムーズな移行が非常に斬新!
旋法的な和声にも驚く。

第4楽章〈雷・嵐〉もすごい。形式もなく、ここは完全な情景描写だが、ここで稲妻を表すためにこれまでティンパニが全く使われていないのもすごいと思う。風の音の表し方や、雨が徐々に降り始める様子なども、非常に明快に描かれていてすごい!

第5楽章〈牧歌・感謝の歌〉雨が上がって、雄大な牧歌が流れる。その雄大さがこれ以上なく美しい。

どこをとっても最高の表現で、ここまで音楽ですべてを描き切れる能力を持った人はいないのではないか。


《田園》と名の付く交響曲は20世紀初頭にも。

グラズノフの交響曲第7番。
こちらはロシアの“田園風景”なんだろう。
ボロディン風田園といってもいいかもしれない。

第1楽章は、一番田園っぽい。明らかにベートーヴェンを意識しているが、やはりどこかロシア的な牧歌だ。
少し映画音楽っぽくも聞こえる。

第2楽章は、どちらかというと、教会の音楽のよう。荘厳な雰囲気。

第3楽章は、羊飼いの笛か何かだろうか。ベートーヴェンのスケルツォとは一風変わった、爽やかな風が吹き抜けるような曲。

第4楽章は、ボロディンみたい。これまでの楽章の主題が組み込まれ展開する。土俗的な音楽。

グラズノフは、あまり個性を感じない作曲家だが、ボロディンやチャイコフスキーなどのロシア風音楽を、メンデルスゾーンで薄めたような作風。
チャイコフスキーだと暑苦しすぎる、と思う人にはお勧めかも知れない。


そして、3つめの“田園”。
ヴォーン・ウィリアムズの《田園交響曲》。
これはベートーヴェンが書いたものを想起させない“田園”だ。
イギリスの、緑の濃い田園。
少し物悲しくもあり、過ぎ去った日々を懐かしむようなイメージもある。

第1楽章は、そよ風に揺れる花、うっすらと霧のかかる高原といったかんじ。次々とうつろう旋律が美しい。印象派風。

第2楽章は夕方のよう。遠くからトランペットが聞こえてくる。とても幻想的で物悲しい。

第3楽章は、作曲者が“スローダンス”と形容している。全曲中最も華やかで、吹奏楽のアイリッシュなマーチを思い出す。

第4楽章はまたがらっと雰囲気を変えて、感情的な美しい曲になる。遠くからヴォカリーズが天使の声のように聞こえて、自分もに召されて行くよう。全曲中のクライマックスだろう。美しすぎる。


とにかく“田園”と名の付くものは、どれも情景描写的で愛すべき作品ばかり。
ドイツ、ロシア、イギリスの田園めぐりをした気分になれます。

みなさんも“田園”の魅力に浸ってみてはどう?

日本の“田園”は、棚田の風景か、それとも田園都市線からの住宅街の車窓か。


スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

ボリス

Author:ボリス
血液型:O型
趣味:音楽鑑賞、読書、ツーリング、心霊スポットめぐり
好きな音楽:ベートーヴェン、マーラー、シベリウス、ヴォーン・ウィリアムズ、谷山浩子、マイク・オールドフィールド など


一応作曲家です。
まだまだ先は長いですね。まるで樹海を彷徨っているようです。
ようこそ、僕の森へ。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

アクセス数

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

樹海へ

上の各種バナーをクリックしてね!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR