FC2ブログ

ヴォーン・ウィリアムズの交響曲7

RVWの7番目の交響曲は《南極交響曲》というもの。

これは、『南極のスコット』という映画のために作られた音楽を交響曲として編成し直したものだ。
音楽の進行の気まぐれさがいかにも映画音楽を思わせるが、一方、情景がとても浮かんでくる。
南極の厳しい自然と、凍てつく空気、氷の幻想の世界が神秘的に描かれる。

この音楽を聴いていると、やはりジョン・ウィリアムズはRVWの影響があったのだろうと思う。
スターウォーズやハリーポッターぽいところがたくさんあるからだ。
そして、《田園交響曲》の第3楽章なんかは、『フック』のサウンドトラックにとても似ている。

この曲を初めて聞いたときは、その神秘的なサウンドにびっくりしたものだ。
今までの交響曲には無かったサウンドだからだ。

この時期のRVWの作品は、全体的にキラキラしている。
金属系の打楽器がふんだんに使われ、星のきらめきなんかが表現されているようだ。
カンタータ《光の息子》や《交響曲第8番》もその一つだろう。

ただ、この《南極交響曲》には、それらにはある“明るさ”がない。
言って見れば、全編に渡ってホルストの《惑星》の海王星の最後の部分の雰囲気が漂っている。


第1楽章は、凍てつく南極の情景描写的な音楽。氷のきらめきや風の描写、ヴォカリーズが幻想的で不気味な、救いようのなさを見事に表している。
最後の方の金管のファンファーレ的な部分は、いらなかったと思う。幻想的な雰囲気がぶち壊しになる。

第2楽章は、スケルツォ的。最初こそキラキラしているが、途中から少し間抜けでおどけた音楽になる。

第3楽章はそれこそ『風景』と題されている。交響曲のなかでもっとも長い部分。
第1楽章の情景描写的な部分を拡大したようで、オルガンの響きや、打楽器、チェレスタ、ハープなどで上手く幻想的なl光景を表している。

第4楽章は第3楽章と切れ目無く続くが、前の冷たい楽章と違って、鄙びたような旋律が続く。穏やかな楽章。

第5楽章は、ショスタコみたいな楽章。第1楽章最後にも出て来たファンファーレが邪悪になったようなものから始まる。主題も、第1楽章から取られているように思う。

全体的に、旋律とかがショスタコーヴィチっぽい。
オケの音色は全く違うが・・・。


おすすめ演奏は、特にないが、最初に聴いたバケルス指揮、ボーンマス響のものが間違いないと思う。
といっても、RVWの交響曲の中ではあまり好きなほうではないので、すごく聴き込んだ、というわけではない。


スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

ボリス

Author:ボリス
血液型:O型
趣味:音楽鑑賞、読書、ツーリング、心霊スポットめぐり
好きな音楽:ベートーヴェン、マーラー、シベリウス、ヴォーン・ウィリアムズ、谷山浩子、マイク・オールドフィールド など


一応作曲家です。
まだまだ先は長いですね。まるで樹海を彷徨っているようです。
ようこそ、僕の森へ。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセス数

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

樹海へ

上の各種バナーをクリックしてね!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR