スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“霊感”を考える

幽霊って・・・
存在するのだろうか?

こんな質問を、僕は今まで何度聞いてきたかわからない。
確実にいえることは、僕は今までそれを視覚的に認識したことは無いということだけ。
でも、もしかすると、それらは日々、光もしくは闇にまぎれて、僕の目の前を当たり前のように通り過ぎているのかもしれない。

霊感があるという多くの人が、ほぼ共通して言うことがある。
「昔はもっとはっきり見えた。」だとか「見る頻度が高かった。」というもの。
霊感は日々少しずつ失われていくものなのだろうか。
確かに、トトロも子供にしか見えないし。

あるいは、子育てを経験した人から、このような話もよく聞く。
「まだ子供が赤ちゃんのころ、誰もいない方向を向いて、さも誰かと遊んでるような身振りをしていた。」とか、「3歳くらいのころ、あそこにおじいちゃんがいる」と天井のほうを指差したりして、両親をゾッとさせたり。
我々が小さかったころ、もしかするとそういう経験はあったかもしれないと考えさせられる。
何が起きても不思議に思わないくらい小さいころには、たとえ天井の隅のおじいちゃんと遊んでいても、それをそのまま現実として受け止めるだろう。

もしかすると、霊感というものはそういう類のものなのではないだろうか。
我々が日々生活し、成長する上で「科学的思考」というフィルターが視覚に覆いかぶさり、一種の防衛機制として働いているのではないか。
もしくは、人間がより合理的に暮らすために、そうした“純に見る”という感覚が退化するのではないか。
我々が小さくて、この世のすべてが真新しかったころ、道端に落ちている石ころ一つにどれだけ目を引き付けられたか。
それが今では、そこにあることすら気付かない。
“霊感”とはそういった類のものかもしれない。

ところで、こういう画家がいる。
ヨハン・ハウザー(1926-1996)は、17歳で精神病院に入れられた。
一般社会生活に適応できない知的障害者だとみなされていた彼は、絵画において驚くべき才能を発揮する。
黄色いドレスの女
『黄色いドレスの女』

霊柩車
『霊柩車』

“アール・ブリュット(生の芸術)”と呼ばれる芸術家の一人、ハウザーの作品は上のような、我々から見ると非現実きわまりの無いものである。
でも、少なくとも、彼にとってはこれは現実以外の何ものでもなかろう。
霊柩車の上部に、かれは人を見たのである。
それは、科学という集団幻想のフィルターを通さない、純粋に物を見て得られた景観なのである。

芸術家に求められる資質の一つとして“霊感”を挙げる人も少なくない。
それは単に「霊を見る」ということでなく、その物体、あるいは情景をいかに直視するかということで、それは感情よりむしろ、あらゆる感覚を研ぎ澄ませた中で見られるものなのかもしれない。


さて、霊を見る方法として知られているものの一つに、
「天井の一点をずっと見つめ続ける」というものがある。
やはり、ある一点を“見る”というそれ以外の目的を持たず純な行為をすることによって、フィルター作用を無にする。純粋に見ることが出来ると、そういうことなのだろうか。
泉鏡花の名作『草迷宮』に登場する化け物の『秋谷悪左衛門』は、物語の中で主人公にこう告げる。「(我々化け物は)その人間の瞬く間を世界とする―」と。つまり、人間の瞬きする間に存在するのだと。
瞬きに住むとは、凝視とは対照的に、意識せず見る世界に存在すると言い換えられなくも無い。
意識せず見るということは、もちろん科学という概念のもと、日々見流す風景だろう。
それを、瞬きせずに“凝視する”ことによって行き場を失ったそれらを、我々は眼にすることが出来るのだろうか。
我々に課せられた科学という集団神話は、実に厄介なものだと痛感するが、それはやっぱり自衛作用、見えちゃったら怖いんだろうな・・・。
よかった、フィルターがあって。



でも、昨日見てしまった。



箒にまたがる魔法使いを・・・。
魔法使い


オカルト人気ブログへ

スポンサーサイト

comment

わ~

素敵な魔法使いだ~

あー、
お出掛け楽しみだ~\(^ー^)/

はじめ先輩のレッスンが終わる前に
早く用事済ませなきゃ~(^^)
  • 2009/09/06(日) 19:39 |
  • 華麗なる女子高生 |
  • URL
  • [編集]

ネヤマぴょん

わーめっちゃかわいい。
ほんとリッスンの先生も今までそんなこと無かったのに、
まるで狙ったかのようにこの日だけリッスン早くしてくれるなんて、すごいね。

携帯の電話出来るように直しておいてくれたまえよ!

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

はじめ様

Author:はじめ様
血液型:O型
趣味:音楽鑑賞、読書、ツーリング、心霊スポットめぐり
好きな作曲家:ベートーヴェン、マーラーなど


一応作曲家です。
まだまだ先は長いですね。まるで樹海を彷徨っているようです。
ようこそ、僕の森へ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセス数

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

樹海へ

上の各種バナーをクリックしてね!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。