スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

spoon.2月号でアリス特集!

皆さんご存知かご存知でないか知りませんが、 僕は不思議の国のアリスが大好きなのです。

ディズニーのももちろん好きで、DVDも持ってるんですが、 むしろ、僕が好きなのは原作の方で、そしてそれをあらゆる人が映画化、絵本化、もしくはそれをモチーフに物語を書いたり云々と言ったものに魅力を感じるのです。

つまり、アリスとアリス周辺文化といったところでしょうか。

アリスといえば、いろんな人が映画化しています。
特異なものを挙げれば、ヤン・シュバンクマイエルのアリスは、非常にシュールで、不気味なものです。

そんな中、ついに、ティム・バートンがアリスに手をつけるわけです。
アリス
ティム・バートンといえば「ビッグフィッシュ」「チャーリーとチョコレート工場」なんかが、まさにアリスを思わせる作品なだけに、いつアリスをやっても不思議でないとは思っていました。
まあ、適任中の適任でしょう。

しかし、正直バートンのアリスは、実は最初ほど期待していません。
というのは、ジョニーデップがまあまた出るわけですが、
彼が“いかれ帽子屋”役だそうです。
まあ、もちろんそれ自体はいいのですが、僕が危惧しているのは、
原作ではほんの1パートでしかないお茶会のキャラクターである帽子屋が、ものすごく異様なほど存在感をましてしまうのではないかということです。
バートン×ジョニーのコンビを際立たせるあまりに。
どうも僕が危惧しているいわば観衆に媚びた演出が、現実のものとなりそうです。


さて、「spoon.」の2月号で、アリスが特集されています。
spoon.2
もちろん、バートンの映画の情報も載っています。
今、アリスがきてるんですね、さすがティムバートン!!

spoon.は僕は割りと好きな雑誌です。
いつも立ち読みします。
でも実際持ってる巻は、この2月号と、別冊「森ガール」特集のものだけです。
「森ガール」特集の巻には、marini*monteanyも紹介されているわけです。

よく考えると、marini*monteanyにもアリスをモチーフにしたイラストがあったりしますし、 谷山浩子もシュバンクマイエルもティムバートンも、もともと僕がすきなアーティストは、 アリスをモチーフにした作品を手がけているなあと思うわけです。
というか、周りを見渡してみても、多くのアーティストがその影響を受けています。
ルイス・キャロルとは本当にすごいなあと思うわけです。

ちなみに、ルイスキャロルは、職業は詩人だったわけではありません。
数学者です。

何せ、アリスの次に出版した本が『行列式初歩』という代数研究の本で、そのほかにも『記号論理学』など、数学関係の出版物も多いわけです。
その影響もあってか、数学とか化学とか記号論とかいったものの現代の出版物に“アリス”とつくものも少なくないのです。
やはり数学というのは、ある種机上の空論を述べる学問であるとも考えられるわけで、それを本業とする人間がアリスのような空想きわまりの無い矛盾に満ちた世界を描くことは、必ずしも矛盾していないと思うわけです。
その点はシュタイナーも同じだと思います。

そもそも、芸術というもの自体が、理数系なのです。
音楽はピタゴラスによって理論付けされ、いわば数式を図式化したような楽譜という伝達方法で残されるわけです。
我々の耳にするほとんどの音楽に適用されている和声学も、音程の度数を数学のように論理的に扱います。

絵は、そのまま図ともいえるでしょうし、かつてダヴィンチも科学に精通していたわけです。
遠近法などはまさに数学、物理の世界ともいえるでしょう。 そして、だまし絵の技法なども数学と共に発展していったのでしょう。

詩、文学はどうか。
やはりそこにも内容以外で理論付けすれば、心地よく響く語呂や言い回しもあったりして、数学的です。
まあ、もちろんすべてにいえることではないとは思いますが、 まさに詩なんていうのは現代数学の世界に大きく関わっていると思うわけです。

芸術というものが霊感だとすれば、数学もまた、それにきわめて近いものだといえます。
なぜなら、数学も霊的自然科学も、目に見えないものを対象とし、部分的事象を見ずして全体を知ろうとする学問だからです。

以上です。

スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

はじめ様

Author:はじめ様
血液型:O型
趣味:音楽鑑賞、読書、ツーリング、心霊スポットめぐり
好きな作曲家:ベートーヴェン、マーラーなど


一応作曲家です。
まだまだ先は長いですね。まるで樹海を彷徨っているようです。
ようこそ、僕の森へ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセス数

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

樹海へ

上の各種バナーをクリックしてね!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。